野良猫写真BLOG「路上のルール」 : 08/2008

8/31/2008

黒猫のタンゴ


NikonF3 Ai Nikkor 50mm F1.2S ILFORD XP2 SUPER


黒猫のタンゴって歌知ってますか?若い方は知らないかな。
子供の頃、何故かこの歌が好きでした。
黒猫を見かけては、よく歌っていた気がします。

『黒猫のタンゴ』作詞:見尾田みずほ。

"キミはかわいい 僕の黒ネコ
赤いリボンが よく似合うよ
だけどときどき 爪を出して
僕の心をなやませる

黒ネコのタンゴ タンゴ タンゴ
僕の恋人は黒いネコ
黒ネコのタンゴ タンゴ タンゴ
ネコの目のように気まぐれよ
ララララララ ララ

素敵なキミが 街を歩けば
悪いドラネコ 声をかける
おいしいエサに いかれちゃって
あとで泣いても 知らないよ"

※参照黒ネコのタンゴ

今になって歌詞を読むと大人な歌詞だったんですね。

オリジナルはイタリアの歌曲で
『Volevo un gatto nero(黒い猫がほしかった)』

"本物のワニを持っているって君に言って
そのワニを君にあげた
でも確かに約束したよね
僕はワニを君にあげるかわりに
君は黒いネコを僕にくれるって・・・

欲しいのは黒ネコ、黒といったら黒
君がくれたのは白ネコじゃないか
もう我慢できないよ
欲しいのは黒ネコ、黒といったら黒
嘘つきの君とはもう遊ばない!"
※参照ページ

全然違う、歌詞の内容にびっくり(笑)
ワニと黒猫を交換って...あはは。

8/27/2008

Usual life 9:00am 猫との日常。


NikonF6 Ai AF Nikkor 50mm F1.4D Kodak T-MAX400 自家現像


今日は路上のルールではなくて、家中のルールです(笑)

外で暮らしていた頃から2匹で行動していたからか
ほんとに仲がいい。
猫と暮らすには、1匹だけのほうが、猫にとってはいいらしい
けど、この子たちに、それは当てはまらない気がします。

僕の勝手な都合で住む場所が変わり、辛い思いをさせて
しまって、もし喋れるのなら、文句のひとつでも僕に言いたい
だろうけど、こうして以前と同じような姿を見せて
くれるようになってほんとに感謝しています。


8/22/2008

TASOGAREDOKI


NikonD200 Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.8D


何だか最近、夏の疲れが出たのか、
それとも飲み過ぎがたたったのか、体がだるくて重い。
ただ単に太っただけ、あるいは歳のせい?
こんな事じゃいけませんね。

そろそろ何かやりたくなってきたな〜。
色々、考えても動かない事には何も始まらないし。
ぼちぼち、エンジンかけていきます。

※タイトルは、フリッカーでいただいたコメントより(笑)


『東京 猫語り』←よろしくお願いします。

8/18/2008

モノクロの中の猫


NikonD200


今はデジタルでも簡単にモノクロを撮れて
僕も、たまにモノクロモードで撮影したり
するけど、納得いくような現像ができないな〜。

本物のモノクロ猫写真と素敵な猫の写真を
見たい方は↓SONEさんのサイトをご覧ください。
http://sonephoto.cocolog-nifty.com/photos/cats/



8/16/2008

HPをリニューアル&更新しました。


NikonD200 Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

約4ヶ月ぶりにHPをリニューアル&更新しました。

東京に来てからというもの、HPは全く放置状態でした。

更新しなければと思いつつ、HPを作り直すのが面倒で...。
いい訳ですね(笑)

とりあえず、東京に来てからの初期の作品をアップしています。
この写真たちは、僕が東京に来て、はじめて猫に出会えて
慣れない環境に、とまどいながら撮った写真たち。
写真の善し悪しは別にして、僕の中に残っていくと思います。

ここからスタートなんで、これから自分の撮る写真が、どう変わって
いくのか楽しみです。

新しくなったHPにも遊びに来ていただけると嬉しいです。
『Beloved Stray Cats』
http://www.noranekosyashin.com/

8/13/2008

猫との距離


NikonD200 Nikon Ai AF Nikkor 85mm F1.8D


猫を撮影するのに、猫との距離って
人それぞれで、それぞれの言い分があって。

純粋に自分から猫までの距離、あるいは猫との心の距離。
撮影者は、どうしても自分と猫との距離を正当化してしまう。

何故なら、そうすることでしか、僕らは猫たちと
接していけないから。撮る事ができなくなるから。

たかが野良猫写真じゃない。撮影者は常に自分に問いかけながら
撮影しているものなのです。

8/10/2008

孤独な太陽と猫


NikonD200 Ai AF Nikkor ED 180mm F2.8D


朝6時、曇り空の中、太陽が少しの時間だけ顔を出した。
猫と太陽。どちらも孤独に見えた。



8/08/2008

猫時間

東京下町の朝
NikonD200 AF-S DX Zoom-Nikkor ED 17-55mm F2.8G(IF)


暑い...東京の夏って、こんなに暑いのでしょうか。
北九州も暑いけど、風が吹き抜けない東京の日中の暑さは
気持ち悪い暑さです。海風が恋しくなりますね。

そんな東京に暮らす猫たちも、大変です。
町の人の話だと、4時くらいから活動をはじめて
6時くらいには、寝てしまう猫が多いみたいです。
この日も朝7時頃には、寝ている猫しか見かけませんでした。

この時期は、撮影する時間も限られてきますね。
早朝か、夕方以降。
猫たちの時間に合わせての撮影。
猫たちは、気持ちのいい時間帯を知っている。
おかげで僕も東京の気持ちのいい時間を知る事ができた。


『東京 猫語り』←よろしくお願いします。


8/05/2008

スキンシップ(野良猫の親子)


Nikon D200 Ai AF Nikkor 85mm F1.8D

スキンシップとは、『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、
『母親と子供が身体的な接触、あるいは素肌の一部で触れ合うことにより
互いの親密感や帰属感を高め、一体感を共有しあう場面で使われる言葉である』 
と書いてある。知らなかった・・・。

8/02/2008

土日は鎌倉が熱い!


ブログで仲良くしていただいている
makudecoさんの写真展のお知らせです。

makudecoさんとinumaruさんの犬と猫だらけの写真展

『犬猫時間』 が鎌倉で開催中です。

お時間のある方は是非、素敵な空間に足を運んでくださいね。

詳細はこちら 
http://makudeco.exblog.jp/7247517/

8/01/2008

潜在的身体能力

Nikon D200 Ai AF Nikkor 85mm F1.8D

子猫たちの身体能力に、僕の動体視力も
かなり鍛えられています(笑)