11/29/2008

猫と壁と落書き


NikonD200  Ai AF Nikkor 35mm F2D



最近60mmばかり使っていて自分自身、少し画角に新鮮さがなくなって
きたなと思っていたら案の定、友人から電話で見事に指摘された。
ということで久しぶりに35mm一本勝負で撮影に行ってきました。

僕は写真に煮詰まったらカメラかレンズを変えてみる。
これが結構いい気分転換になりますよ。



東京 猫語り←更新しました。


11/28/2008

宣伝部長

advertising manager 
NikonF3 Ai Nikkor 50mm F1.2S    NEOPAN400


東京の駐車料金って高いんだね。
君のおかげで知ることができたよ^^


11/27/2008

空の写真

on a windy day
NikonD200   2007年4月 福岡

2006,09,14
NikonD200 2006年9月 北九州


空を見ない日はない。
でも気持ちに余裕がなくて、
空をゆっくり見上げることさえ出来ない時もあります。


ブログで仲良くさせていただいてるluna1203さんの
色んな表情の空や雲を見せていただけます。
おすすめですよ!




11/26/2008

東京

NikonD200 AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED


東京に来て半年。
自分なりに東京を見て、そして理解もしてきた。
半年くらいで何がわかるんだよって言われたらそうかも
しれないけど、よそから来た今の僕だから見えるものもあると思う。

だから、これから1年、2年たって東京に馴染んだ時に、
今の僕に見えているものが、未来の僕には見えなくなるっていうのが
実は一番怖かったりもするんだけど。



11/23/2008

少しの勇気


NikonD200 AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

いつもは僕の姿をみつけると、さーっと逃げて行くのに
母親と一緒だと、少し勇気がでるみたい(笑)


11/21/2008

猫のかたち

NikonD200 RAW現像でモノクロ変換 東京

shadow
NikonD200 2006年9月撮影 北九州


cat and shadow
NikonF3  2004年撮影 北九州


11/16/2008

発想力と言葉力

apparition
NikonD200

写真を撮る人間なら、写真だけで見る人に何か伝えたいと思うのは
当然ですよね。でも、これが難しいことも当然理解している。
写真を見ていただいた方を上手に自分の世界に引き込むには
どうしたらいいんだろう。想いを言葉で綴れば伝わるのかもしれない。
でも、それだとただ単に自分の想いを押し付けてしまう危険もある。
なるべく簡潔に押し付けがましくなく伝えるとしたら
『タイトル』....これだけで伝えられたら最高じゃないですか?

今日のこの写真、僕は海外のサイトに『apparition』ってタイトルを
付けて発表していたのですが海外の方が『the runaway shadow』
って書き込みしてくれたんです。

僕が付けたタイトルは『幻影』
海外の方が付けてくれたタイトルは『逃げ出す影』

どう考えても後者の方が写真が生きますよね。
物語性がでますもん。完全に発想力の差ですよね。
へたにつまらないタイトルつけるくらいなら無題のほうがいいのかな。
自分の想いを簡潔に伝える為の言葉力も必要だなぁ。
でも言葉ってほんと難しい。もっと色んな本を読まなくては...。



追記
昨日このブログへのアクセス数が異常に多くて
どこかで批判でもされたかなと思っていたら
原因はこちらでした。
まさとんさん、有り難うございました!

11/15/2008

本日休診


NikonD200 AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

寒くなってきたから風邪ひくなよー。

(皆さんも帰宅したら手洗いうがい忘れずに...。)


11/13/2008

たまには写真のこと。


NikonD200 AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED


あまりの寒さに実家から、コートと革ジャンを送ってもらった。
これで、何とか冬は越せるかな。

最近ちょっと思うこと。
アラーキーって、やっぱ凄いね。
写真は、もちろんだけど、何が凄いかって彼の言葉を鵜呑みにして
にわかアラーキーがたくさんいること(笑)

彼が『構図やピントなんてどうでもいい』なんて書いたら
初心者は誤解して、なんだ写真てそれでいいんだって思ってしまう。
どうでもいいって言うのは写真で食べてる荒木さんだから言える事であって
初心者が言っても技術がない事を悟られない為のただの逃げの言葉でしかない。
実際、荒木さんは、かなり構図に気を使ってるし、ちゃんと三脚も使う。

表面的な格好良さばかり追求するより、まずはキチンと写真が撮れること。
それが大事だと思うんだけど。

こういう事を若い初心者の方に言うと趣味で写真やってるだけで、
楽しければいいじゃんって反論が必ずあるんですよね(笑) 
まあね、確かにそうなんだけどね。

僕も初心者の頃そう思ってたし。怖いもの知らずというか。
でもね、どうでもいいじゃなくて、自分なりの技術論を仲間と話せたら
もっと写真は楽しくなると思うんだけどなぁ。
そう思うのは自分が歳とっただけなのかなぁ(笑)


初心者の頃、友人から結婚式のカメラマンを頼まれたことがありました。
といってもメインはちゃんとプロのカメラマンがいたんですけど。

もうその頃の僕はほんと勘違いヤローで、結婚式の写真なんて
簡単じゃんなんて思ってて、知識も技術もないくせに安請け合いしたんです。
僕ひとりでも大丈夫なくらいに思ってて...。

ところが、出来あがった写真を意気揚々とプロの方にチェックしてもらったら

一言『これじゃ使えないね....』

そう言われてもまだ僕は納得できず、プロの方の写真を見せていただいた。
もうね、ショックを通り越して、まじで吐き気がしたのをはっきり覚えてる。
その方の写真と比べたら僕の写真はピントはきてないし、場の雰囲気を
感じれない上半身のアップばかりの写真のオンパレード.....。
それまでの自分の写真に対しての甘さを痛感した出来事でした。

ブログを見ていただいてる初心者の方、僕みたくならないように
気をつけてください。
『自由な写真』の意味をはき違えないでくださいね。
決して『自由』=『いい加減』じゃないですから。

11/12/2008

11/08/2008

親子3代

NikonD200 AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED


このファミリーを撮影していたら、親子3代である事を
教えていただいた。
おばあちゃんと母親とで、子猫の教育方針でも話してるのかな?
それにしても、奥のおばあちゃんは貫禄あったなぁ(笑)




11/04/2008

贅沢な時間。

NikonD200 AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED


青空の下、二人だけの撮影会。


11/03/2008

ぬいぐるみ


Nikon D200  AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

『何処から、ぬいぐるみ?』

最初この光景を目にして、あまりの可愛らしさに
笑って見ていたんだけど、一生懸命、けなげに運ぶ
姿を見ているうちに、笑うことは出来なくなっていたよ。



東京 猫語り←更新しました。