2/11/2009

写真展へ向けて


NikonD70 北九州 2007年撮影

写真展に向けての兼ね合いで、しばらく東京の猫たちの写真を
アップするペースが落ちそうです。
ただ単に僕がスランプなだけなんですけどね^^;
でもこのスランプは周期的にくるものなので、心配はしてません。
逆に今で良かったと思っています。

昔撮った写真が続くと思いますが、楽しんでいただけたら嬉しいです。


10 comments:

  1. MARさん、こんにちは。
    充電期間ですね。充電しきったら、大爆発してください。(^^

    ReplyDelete
  2. まさとん2/11/2009

    どもどもー

    自分みたいに「寒い」からって訳じゃないんですよね、きっと。

    ReplyDelete
  3. ☆きじむなあさん
    こんばんは。
    充電してる場合じゃないんですけどね^^;
    写真は撮っているのですが、色々考えるところがありまして。
    でも、有り難うございます。大爆発まではいかなくても爆発くらいはしたいと思っています^^

    ReplyDelete
  4. ☆まさとんさん
    どもどもー。
    あはは、まさとんさんは冬が駄目でしたよねー。
    僕の場合はどちらかというと夏が駄目なんですよ。
    気持ちの問題かなぁ。見えていたものが見えなくなってしまっていたというか...
    でも、大丈夫です。原因はわかっているので^^

    ReplyDelete
  5. luna12032/12/2009

    こんばんは。
    MARさんでもスランプが周期的に・・・?
    無理されないで、今しっかり充電して写真展に向けて頑張ってください。
    猫達の遊びの瞬間の写真、仄々します。
    ジャンプする猫さんを見守る子猫ちゃんの表情が可愛いいですね。
    爪が出ているから「大丈夫かなぁ~」緊張しているのでしょうか
    手前にも心配そうに・・・。

    ReplyDelete
  6. ☆luna1203さん
    おはようございます。
    誰にでもスランプはあると思いますよ^^
    例えば、どんなに評価を受けていても自分で納得できてなかったり、逆に評価が低くても自分の写真が撮れていればスランプなんて感じないんですよね。
    多分、撮影者にしかわからない部分だったりします。
    でもそれを公表するのも考えものですね。裏の部分なんて知りたいなんて思わないでしょうし。この記事を書いて少し後悔しています^^;まあ、でも1年後とかに読み返した時にその時の自分が感じていたことを記録しておくのも、自分の為になるかなと思いまして^^;

    時間がある時は撮影しています。
    有り難うございます。

    ReplyDelete
  7. 見上げる仔猫の表情が最高にかわいいです。
    ジャンプの反動でひっくり返らないように
    小さな前足で支えているようにもみえます。

    復活をお待ちしております。
    写真展も楽しみです。

    ReplyDelete
  8. ☆猫儘さん
    ここの子たちは、人には慣れていないのですが
    怖がる事もしないので、自由に遊んでくれます。

    ご心配かけてすみません。色々考えすぎていたようです。
    わざわざ名古屋から来ていただけるのですか?
    お会い出来るのを楽しみにしています!
    写真展のメンバー皆、ぎりぎりまで、ベストを尽くします。楽しんでいただけたらと思います^^

    ReplyDelete
  9. 日向ぼっこ2/16/2009

    こんばんわ。
    あんまり無理しないで、こんな時こそ力を思いっきり抜いて真面目に考えずに、たくさん遊んでください。^^
    私も、つい最近までちょっとスランプでした。山あり谷ありだからこそ、私たちは成長するんですよね。
    写真展、楽しみにしております。

    ReplyDelete
  10. ☆日向ぼっこさん
    有り難うございます^^
    そうですね、考え過ぎても写真は撮れないし、なにより、いい写真を撮ることだけしか頭にない僕に撮られる猫たちも、かわいそうですよね^^;
    ほんと、そうですね、何事も順調に行っていたら、薄っぺらい人間になってしまいます。
    写真展では、僕らしい写真の展示を考えています。
    楽しんでいただけたら嬉しいです。

    ReplyDelete

Googleアカウントをお持ちでない方は名前/URLを選択してください。
【お願い】猫がいる場所の詳細な地名は絶対に書かないでください。
猫と地域の方に迷惑、心配をかけないために。