12/09/2009

スタンス。



写真に人生をかける人もいれば、写真は遊びだと言い切る人もいる。

必ずしも写真に人生をかけてる人の撮った写真が
人の心を打つかといえば、そうではないわけで。
携帯でなんとなく撮った写真に感動することだってある。

そこが、写真の難しいところでもあり、
楽しいところでもあり、
悩ましいところでもあります。



僕もそうだけど、写真を撮る人間はどちらにしろ、
自分に酔って、語りたがる人が多い。特にお酒がはいると。
嫌いじゃないですけどね、そういうの。というより好きかも(笑)

まあ、でも写真を見ていただく方には、そんな作家のスタンスなんて
関係なく、気楽に見ていただきたいなぁと言うのが本音です。



2 comments:

  1. MARさん、こんにちは。

    自分に酔って語りたがるのは、文章を書く人間も同じです。
    特に自分はそうですが・・・。

    自分なりの世界観、自己主張がなかったら書いてる意味ないじゃん!と思っているのですが、最近、それを否定されてめげていました。

    あっ、また勝手なこと書いてすいません。

    モノクロって、独特の味わいがあっていいですね。

    ReplyDelete
  2. ☆Kiryuさん
    こんにちは。
    いや、自分に酔って語れるって素敵な事だと思います。
    自分の世界感や、自己主張、あって当然ですよね。
    どんなに否定されても、気持ちは、ぶれない事が大事だと僕は思っています^^
    僕も批判、否定、あります。最初はめげていましたが
    応援してくれてる方も必ずいます。
    頑張りましょうね^^

    ReplyDelete

Googleアカウントをお持ちでない方は名前/URLを選択してください。
【お願い】猫がいる場所の詳細な地名は絶対に書かないでください。
猫と地域の方に迷惑、心配をかけないために。