3/05/2008

写真と言葉

Nikon D200

仲良くしていただいているユメギワさんの短歌ブログ赤い水銀の企画に参加してみました。
短歌の企画に僕が参加するなんて、ちょっとした事件です(笑)
言葉に対して素人以下の僕が参加するのはおこがましいと思いつつも
気が付いたら浮かんだ言葉を書き込んでいました^^;
やさしく対応していただいたユメギワ先生、有難うございました^^
興味のある方は是非、参加してみて下さい。
自分が感じた事を限られた文字数の中で表現するというのは難しい。
でも、ちょっとした言葉の違いや使い方で劇的に印象が変わるのが面白いし、
うまく言えないけど、言葉って生きてる感じがします。

その難しさや面白さは写真にもあてはまる気がします。
目の前にある光景を限られた画角で切り取り、
ちょっとしたレンズの違いや使い方で劇的に印象が変わる・・・。
と同時に、やっぱり写真も生きている感じがします。

表現するという事に関して、写真と言葉って良くも悪くも親密な関係にあると思います。
現に写真と俳句の組み合わせが、ちょっとしたブームになってるし。
でも言葉が写真を駄目にする場合もあるし、逆に言葉がある事によって写真が生き返ることもある。
そこが難しい所でもあるし、僕にとってこれからの課題の一つかな。

感性って人それぞれだから、同じ短歌や写真をみても感じ方や、
解釈の仕方は作り手や撮り手の意志とは関係なしに幾通りにもなります。
でも、それが面白いし、それでこそ表現の世界だと思います。

事実をありのまま、主観を入れずに客観的に伝えるのがカメラマンだとしたら
その事実に想いを込めて主観的に伝えていこうとするのが写真家だ
みたいな記事を雑誌で読んだ記憶があります。
野良猫を撮るには、カメラマンになるべきなのか写真家になるべきなのか・・・。
まあ、これも人それぞれでしょうが、正直、僕は、まだ迷いがありますね。
客観的に見つつ、さりげなく主観も入れるのが理想だと思っているのですが
なかなか、難しいですよねー。というより欲張りかも(笑)

6 comments:

  1. こんにちは^^MARさん
    自分も写真は生きていると思います。
    デジタル化やトイカメラの人気もあり
    アナログやデジタルって枠ではなく
    新世代、時代などの影響を受けて進化してます。
    時代を越えて多くの人に何かを感じてもらえる
    写真を残したいですね^^
    自分も悪戦苦闘でがんばってま〜すW

    ReplyDelete
  2. 歌人としてのデビュー おめでとう!(^^)
    写真家としての写真なのか、カメラマンとしての写真なのかの違いは
    言葉でいうと、作家さんとしての言葉なのかライターさんとしての言葉なのかの
    違いに似ているかもしれないね。
     私からみるとビジネスではなく、被写体が好きっていう上で、
    技術もともなってるMARさんの写真はバランスが取れているとおもうけどな。
     私はやっぱりその人の作家性が見える写真が好きなので、万が一
    MARさんが技術だけが先行しているように見えたら、ちゃんとつっこむので大丈夫だよ。
     言葉と写真とのコラボは、私も常に迷い道。
    とくに写真サイトでは、ブログと違って、純粋に写真でみせるスタンスの方も
    多いから迷うよね でも、やっぱり最後は本人が楽しむことが一番だよね
     フリッカーでうける写真って傾向があるけど、それをねらいだしたら
    つまらなくなるもんね 私もバランスが悪くなったらごしどうよろしくね

    ReplyDelete
  3. ユメギワ3/06/2008

    ご紹介ありがとうございます。
    まさかMARさんが登場されるなんて!
    「ねえさん、事件です」って感じでした。
    すばらしい短歌だったと思います。

    MARさんとminさんのおかげで写真を始めて、
    私も、カメラと短歌は似ていると感じています。
    写真は絵画ほど自由ではない表現方法だし、
    短歌は文芸一般の中でも制限のある表現方法で。
    限られた枠の中で精一杯表現するところが似ている。

    カメラマンと写真家という考え方はおもしろいですね。
    確かにminさんの言うライターと作家の違いに近いかも。
    私なら、両方を使い分けられる人になりたいです!
    それに、どっちって使い分けなくても、
    どっちも感じられる表現はあると思います。
    それが「客観的に見つつ、主観も入れる」スタイルですよね。

    私はまだまだ主観先行型です。
    でもきっと行き詰まりはくると思います。
    そのときを乗り越えた先が楽しみです。

    ReplyDelete
  4. ☆FUKUFUKUさん
    FUKUFUKUさんの写真は、FUKUFUKUさんの想い
    が感じられるから好きなんです。写真に対する姿勢も尊敬しています。ほんとに、そうですよね、何かを感じてもらえる写真を撮っていかなきゃって思います。僕も悪戦苦闘しながらも進化していきたいです。お互い頑張りましょう!(^^)

    ReplyDelete
  5. ☆minさん
    こらこら、誰が歌人やねん^^;先生に怒られるやろー。
    うん、やっぱり自分も作家性の見える写真が、どちらかと言うと好きだな。でも、一瞬を切り取るスナップも好きなんだけど。その時の自分の気持ちとかで好みも変わるね。言葉と写真は、ほんとに難しいよ。タイトルだけでも印象が変わるし。ご指導よろしくー。

    ReplyDelete
  6. ☆ユメギワさん
    ほんとに、自分が投稿するなんて未だに信じられません^^;写真以外の世界を知るのも自分のこれからの活動にプラスになっていく気がします。
    僕も、目指しているのはどちらにも感じられる写真なんです。それも意識してそうなるのではなく、自然に、ごく当たり前にそういう写真が撮れるようになりたいですねー。
    未来の自分が撮る写真が楽しみだって思えるなら大丈夫です。これからの写真楽しみにしています。あっ、今日ワンピースの最新刊を買いました(笑)

    ReplyDelete

Googleアカウントをお持ちでない方は名前/URLを選択してください。
【お願い】猫がいる場所の詳細な地名は絶対に書かないでください。
猫と地域の方に迷惑、心配をかけないために。