6/22/2009

梅雨の夜。


NikonD700 Ai AF Nikkor 50mm F1.4D

梅雨の東京
不快指数120%
カメラ、レンズと一緒に
シリカゲルに埋もれてしまいたい。




4 comments:

  1. MARさん、こんにちわ。僕ならねこを認めても、暗いし、遠いし、絵にならないな、とはなからカメラを構えない状況だと思います。そこから、ここまでのドラマが生まれるなんて・・・。改めて、感性のを敏感に保つこと、切り取る腕を上げることの大切さを思いました。

    ReplyDelete
  2. luna12036/23/2009

    おはようございます。
    梅雨の夜、ドラマチックな情景ですね。
    背景の明るさと、人の行き交う姿とは半比例して
    猫の横顔のシルエットがどこか寂しげで・・・
    猫さんにとっては、この時期は辛いでしょうね
    頑張れ~とエールを送りたい!

    ReplyDelete
  3. ☆阿朗さん
    こんにちは。生意気な事言うと、人がカメラを向けないであろう瞬間や、天気、時間帯にこそドラマがあるような気がします^^
    でも、そんな写真ばかりが好きなわけじゃありませんけど。誰が見てもいいと思える瞬間を素敵に切り取られた写真も大好きです。
    空間を切り取る事は、レンズの画角に素直に、猫だけを切り取るのでなく、周りの空気も一緒に切り取る感覚かなぁ。僕の場合。

    ReplyDelete
  4. ☆luna1203さん
    こんにちは。
    猫にとっても人にとってもこの時期は辛いですよね。
    1枚の写真から何か感じていただけたら嬉しいです。
    いつも有り難うございます。

    ReplyDelete

Googleアカウントをお持ちでない方は名前/URLを選択してください。
【お願い】猫がいる場所の詳細な地名は絶対に書かないでください。
猫と地域の方に迷惑、心配をかけないために。