6/07/2010

光の射す方へ


NikonD700

幸福の扉の一つが閉じる時は、別の一つが開きます。
けれど私たちは閉じたほうばかりながめていて、
こちらに 向かって開かれているもう一つの方に気付かないことが多いのです。
Words: Helen Keller


6 comments:

  1. MARさん、こんばんは。
    ヘレン・ケラーの言葉、味わい深いですね。
    ほんまやなぁ・・と、思われます。
    開かれている扉に向かってウチも歩き出さなくちゃ^^。
    猫さん、光指す方に導いてね。

    この頃カッコ良いなぁ~と思った言葉^^。
    「練習はしません。常に演奏です」
    ワンダ・ランドフスカ(チェンバロ奏者)

    ReplyDelete
  2. こういうシチュエーションの時、そこを歩くのはやっぱり猫さんじゃないと!って思っちゃいます^^
    誇り高く、顔を上げて歩んでいく様はやはり猫が似合う・・・猫好きだからじゃないと思いますよ。

    私も閉じてしまった扉の前でおろおろする方。

    以前、私はそんな状態の真っ只中にいました。
    閉じられた扉にしがみついていたことがあります。
    そこに現れ、他の方向を向く勇気をくれたのが今ウチにいる同居猫です。
    長い暗闇から出ることが出来ました。
    MARさんのこの写真を拝見して、そのことを思い出しました。

    ReplyDelete
  3. ☆裏香織さん
    こんにちは。
    どうしても閉じた扉のほうにばかり気を取られてしまいますよね。
    でも、それじゃいけないんですよね。

    わー、ほんとカッコいい言葉!
    僕には到底言えない言葉だなぁ。

    ReplyDelete
  4. ☆ゆうたんさん
    こういう場所に猫はとても良く似合いますよね。
    うん、猫が好きとか嫌いとか関係ないと僕も思います。

    閉じてしまった扉、色々ありますよね。
    人間関係だったり、仕事だったり。
    でも前を向いて歩いていくしかないですもんね。
    そうそう、うちにいる猫2匹も、僕が人生で最高に落ちている時に
    一緒に暮らしはじめたんですよ^^

    ReplyDelete
  5. すー姐6/08/2010

    路地裏から光のさす方へ、ただまっすぐに!!
    このお写真を見ながら、その言葉をかみしめて、私も前へ向かって歩こう!って思いました。
    チョットだけ、心がたたずんでしまったもので・・。(^^;
    新しい幸福の扉、神様があけてくださったことに気付かなかったら申し訳ないし、もったいないですものね!

    ReplyDelete
  6. ☆すー姐さん
    そうですよ、前に向かって歩きましょう!
    誰でも色んな事あると思うし、
    いつも笑顔でいるわけにもいかないけれど、
    光は見失わないようにしたいですよね^^

    そうそう、気がつかなかったら、申し訳ないし
    なにより、もったいないですね^^

    ReplyDelete

Googleアカウントをお持ちでない方は名前/URLを選択してください。
【お願い】猫がいる場所の詳細な地名は絶対に書かないでください。
猫と地域の方に迷惑、心配をかけないために。